TOPICS

[対談ページ] シーレ白岩社長 × 播戸竜二

2017.05.18 UP


 

「かっちゃん」
「播さん」

まるで高校のサッカー部の先輩と後輩のように、二人はこう呼び合う間柄だ。
だが、かたやJリーグで活躍するプロサッカー選手、かたや不動産の売買・賃貸借等を主な事業内容とする株式会社シーレ(http://shi-re.com/ )の代表取締役という全くの異業種の二人の会話だと聞けば、驚く人もいるのはでないだろうか。
プロ選手としてJリーグで戦っている播戸竜二、不動産ビジネスの最前線で戦っている白岩克也。
一見、違う世界で生きているように見えますが、二人はふとしたきっかけで出会い、いまや親しい間柄だ。二人の関係をつないだのは、サッカーだった。
二人はどのようにして出会い、なぜここまで親しくなり、今どんな夢を追っているのだろうか。二人の思いの丈をすべて語ってもらった。

出会い共通のサッカー選手の友人を介して

播戸(以下、敬称略)「白岩社長との出会いは後輩のケンヤ(プロサッカー選手・ゴールキーパー松井謙弥)を通してでしたね。
もともとケンヤとは以前から知り合いだったのですが、彼から今後のキャリアの相談を受けていたら、サッカー選手のセカンドキャリアについて興味を持っている社長さんがいるって聞いたんです。それで是非会ってみたいと。 それで今から1年半くらい前でした。
都内の焼肉屋さんでお会いして、一緒に食事をしながら、自分たちの夢や将来やりたいことをとことん話したのがきっかけでしたね。
ちなみ僕の白岩社長の第一印象は、『うわ、黒っ!』でした(笑)」

白岩「元々地黒なんです。その上、サーフィンをやっているので(笑)。播さんは日本代表でもプレーした有名なサッカー選手なのに、飾らない、まっすぐな性格。
松井からも聞いていましたが、話通りの人だなと。あ、僕のことは普段通り『かっちゃん』でお願いします」

播戸「じゃ、かっちゃんで(笑) 僕のこともいつも通り『播さん』でお願いします。サッカーはいつまでプレーしていたのですか」

白岩「小学校からはじめて、大学の1年生までですね。そこからはサーフィンです。そちらも夢中になりました(笑)」

播戸「高校は、強豪だったんですよね?」

白岩「そうですね。埼玉県にある西武台高校でした」

播戸「大学卒業後はどうされたのですか」

白岩「卒業後は、大手の不動産売買会社で働きました。その後も不動産系のベンチャーに転職しました。ただ、30歳までに起業したかったので、30歳で同じ不動産系で起業して現在はようやく5期目に入りました。最初は、身内の3、4人で始めた会社でしたが、今は全体で20名くらいになりました」

播戸「不動産の仕入れなどを行っているんですよね」

白岩「そうです。実は会社の由来も『仕入れ』からきているんですよ。だから、株式会社シーレ。シーレのSHIは僕の名前からもとっています。不動産のオーナーさんからはよく笑われてしまうんですが(笑)オフィスは、東京と福岡、香港、台湾に構えていて、海外では現地でセミナーを開いて都内の物件を紹介させて頂いてます」


 

 

 

次のページへ